嫁 不倫

MENU

嫁の不倫相手に制裁する方法

嫁の不倫を防止する制裁方法と調査の仕方。相手が悪いからと言って、上さんに慟哭してどなりつけてしまったら、ドメスティックバイオレンスと見なされて離婚裁判に訴えられたときに並々ならず自分の立場が弱くなります。

 

たとえ嫁さんの姦淫が明らかになっても、自分でリベンジするのは止めてください!。

 

理由としては、自分の言葉で制裁を加えようとすると、自らの立場が都合悪くなってしまうからです。

 

凶暴な語調で咎められたので精神病にかかったと診断書を病院で書かれて、嫁さんが裁判所に差し出してしまいかねません。

 

他には、浮気相手を殴打してやりたいと激しく怒る男性もいるのは当然の成り行きですが、奸夫へ危害を加えると自分自身が加害者となってしまいます。

 

たとえ肉体的攻撃を振るわなかったとしても、叫んで怒鳴りつけてしまうと脅迫罪で訴えられるケースも多いです。

 

自らで懲らしめを課すと、まったく悔しい結末になってしまうことが大抵である。

 

不倫している嫁に制裁するときのチェックポイント

 

嫁はんとの結婚の絆を再構築する対処方法とは?。

 

よしんば妻が姦通が認識できても、できるだけワイフとの夫婦の絆を修復したいと期待する方はおられると思います。

 

命が尽きるまで、この嫁さんを愛すると誓いを交わして結婚した女ですから、今回は赦して、夫婦生活を取り戻して修復したいと考えるご主人は多いはずです。

 

ただ、注意すべきは、女性の気持ちを汲み取ってあげることです。

 

奥さんの不倫が露呈したときはまったく辛いですよね。

 

嫁の不倫の兆候と怪しいサイン

 

嫁の品行が明白に他人行儀になってきて、夫婦の関連が退転してきたと勘づき始めていたら、とめどなくiPhoneを操作するようになり、ハウスキーピングや子育てをあらかたすることがなくなって、友だちと外泊することが重ね重ねになった際。

 

既婚者の体の交わりが忌み嫌われるようになり、談笑がほとんどなくなってしまった。

 

旦那との夜の営みは丸でしなくなったのに、官能的な下着がふんだんになってきて、魅力的な匂いを付けてファッショナブルな格好で、真夜中まで仲間と飲み会をすることが多くなってきたとき。

 

ハズバンドにとっては、当然に浮気をしているようにしか見えないのだけれど、根拠が無いにもかかわらず質疑しても関係が悪くなる。

 

だからと言っても、この状況のまま見て見ぬふりをしていると私自身が精神崩壊してしまう。

 

その上、息子や娘にもマイナス。

 

ママの姦通が怪しいときには、確かな裏書き握りしめる。

 

確固たる根拠確保することができるまでは、不倫を感知していることを話さない方がいい。

 

嫁の不倫調査の方法と注意点

 

嫁はんは浮気をしているのかもと不審に思ったとき、まずは奥さんが使用しているメールを見て、間男と不貞なメールを行っているか、家を空けるアジェンダがないかどうか調査しますよね。

 

他にも、妻が使用している鞄にGPSを隠し入れたりして、行く先を追尾するようなこともすると思います。

 

それでも、それだけだと裁判になった時に確実な情事の根拠になり得ないことを認識しているでしょうか?。

 

亭主にとっては、ワイフが姦夫と淫らなメールのやり取りをしていて、キスしたいとか語り合っていたら、それはもはや密通と決めつけたくなりますよね?。

 

その上、ワイフの密会が疑わしげなからGPSで行く先を追跡している最中に位置情報が旅館だったら、憤ってしまいますよね。

 

だけれども、裁判になった時には「不貞行為」が無ければ、不倫であるとジャッジされません。

 

誰かとママが性行為していた場合に、司法的な観点から姦通と評決されます。

 

ひっくり返して言えば、上さんが姦夫と性愛していないのに、密会だと言って怒ってしまうと、己の方が都合悪くなってしまいかねない。

 

嫁の不倫に制裁して失敗してしまう事例紹介

 

エビデンスが不適切である状況のまま、嫁の不貞を問い詰めてやり損じた事件解説。

 

ボイスレコーダーへ記録した間男と嫁さんの淫乱な会話。

 

ママの態度が怪しくなり、音声録音機を車に入れたりしておきました。

 

翌日に再生してみると、奸夫と性行為しているようね喘ぎ声が聞こえてきました。

 

こういうのは定かな証拠だと思い込んで奥さんをしているのかもしれない詰問してたら、姦淫を承認しました。

 

ところが、いざ男へ慰謝料要償をしようとしたら、ふっと態度を変えてしまったのです。

 

旅館に自分ひとりで入り、奸夫と一緒ではないと。

 

そういった言い逃れはバカげていると思いましたが、ロイヤーにコンサルテーションしてもらってみても、結局同棲の現場を動画撮影などドキュメントに取っておかないと、裁判になった時に法的に認められる浮気の裏付けではないという認識。

 


ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi